スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
俺、映ってないよね!?
11月5日(土)

 文化祭2日目だが参加するわけには行かない。何を隠そう今日は平野綾 初フォトエッセイ1/19Bpmの発売記念イベントである。サークルの皆には申し訳ないが文化祭に出ている場合ではない。

 てな訳で水道橋に到着。初めて水道橋に着たが、駅前で何やら大学のパレードがやっていたが目もくれず会場へ。会場はSHOBI MEDIAARTS FINAL FESTA内バリオホールって何処や?と思ったが簡単に見つかり、専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美という学校の中のホールのようだ。開場までだいぶ時間があったが受け付けをして裏方でしばし待つ。その際にカメラチェックをされデジカメが没収された。盗撮とかしないっての。毎回思うのだが、こういうイベントに参加している人ってオタクっぽい人がホント多い。自分もそう見られているだろうが・・・。会場のスタッフはこの学校の生徒の模様。そこへ先生らしき方が来て重大な発表が

「タレントの入りが遅れたため、30分遅れます!」

マジですか?仕方ないので更に待つ。しばらくして、かなり前から1~50番までのまで作っていた列を会場に案内する。その後、面倒になったのか100人ぐらいまとめて入れていた。スタッフの手際の悪さが露呈された。自分の番号は36○番とかなり大きい番号。最後の方であろうと思ったが、最後が380番なのでほんとに最後の方であった。1時間以待ちやっとこ会場へ。最後の方で小さいホールなので席がない。ホントに端っこに席をとる。この席ではよく見えんよ。

 ついに開演。この学校の声優学科の2年生と1年生と卒業生のによる会場の注意事項など話す。卒業生の名前とか知りません。会場のは薄い反応。皆さん声は可愛いので頑張ってほしいですね。

 ついに登場、鷲山敬さんと平野綾さんの登場。さっきまで静まり返っていた会場が多いに盛り上がる。やっぱりあーやは可愛いですね。話によると今日は電車に乗る時間に目が覚めたそうな。そのためスッピンで現場入りだそうです。そのために30分も遅れが出たのか・・・  しかし平野綾ならしゃーない許します。鷲山さんも電車に乗る5分前に目が覚めたがその電車に間に合わせたらしい。駅が近いか寝巻きで着たのか?!寝坊はよくないですね、自分も人のこと言えませんが・・・

 まずは声グラwebラジオを撮るのだが、2人とも全く内容を聞いていないとの事。しかも10分とかなりの短い時間での公録。さっそくスタートしたが内容は忘れてしまった。軽く話して終わった気がする。続いて第2回目の公録開始、終了といった感じであっ言う間にに終わってしまった。いずれ更新されたら聞いてみよう。『Say!Good Luck!!』と言うタイトル。
 
 ついでにwebラジオの宣伝を撮るために会場全体をカメラで写す。2人が観客側に向き、よく映画のCMでやっている舞台挨拶の後に撮った感じを想像してほしい。しかし、自分は端の方なので映るわけねー。最前列の人とかかなり鷲山さんに絡まれてたし。真ん中の席の人が羨ましい(;д;)

 続いてフォトエッセイのトークイベント。撮影中のシーンや編集長?の話などを聞く。ここでプレゼントがあるのでクイズ大会が行われた。5人にはサイン入りポスターががもらえる。グー、チョキ、パーの3択であるが問題が超難問!

第1問 ラーメン好きの平野綾ですが平野綾の何%はラーメンでできている?
正解はグーの5○%

第2問 撮影で北海道で犬ぞりをしたときにそりを引いた犬の数は何匹?
正解はグーの5匹

第3問 撮影中に平野綾がかぶっていた帽子に記載されていた番号は何番?
正解はチョキで数字は忘れた。確か6桁。

 こなのファンでも分かる訳ねー。カンで答えるしかないので皆に平等ではあるが。1問目で大半が脱落。1問目で自分もわからないので多かったパーにしたら脱落。自分を信じてグーにしとくんだった。最終的に6人になったので5人はサイン入りポスターで残りの1人はあーやとの握手になった。実は握手の方がいいのではないか?自分の名前入りサインの持っているので握手が羨ましい。

 そんな感じでイベント終了。このまま帰るのもあれなので秋葉原に行くことに。水道橋から電車で行くのも勿体無いので歩いて行くことに。そこで気が付いた、デジカメ返してもらっていなかった!速攻会場に戻りデジカメを回収。早めに気付いてよった。

 電車で2駅の道のりだが、思ったほど遠くなく20分ほどで着。しばらく散策して特に見る物はなかったので帰るとしよう。
超監督&メガホン


 イベントは疲れるなー。明日も文化祭の最終日なので協力しておかなくては。と思い寝ようとするとシゲから着信が。
「これからニコ動とyou tubeにハレ晴レユカイをアップします」
ついにここまで来てしまった。これで全国の方に配信されてしまうのだ。
「よし、やっちまえ!」と言ってはいないが思った。

しばらくしてシゲからメールが。「任務完了」 
ニコニコを開くとほんとに俺らのハレ晴レがあった。さっそくコメントがあり、
「将来息子が見たら泣く」
そうかもしれない。しかしここまで来たら後戻りは出来ない。いずれ大学内でも話題になりカウンターが大回転してコメントでボロクソにされるであろう。まー本名が知られなければ問題ないが。
 これも思い出ですね。

2007/11/07 | イベント | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。